愛兎ぷりんとママのノンフィクション喜劇?!悲劇?!感激Lifeなのだ!
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぷりん・・・血尿・・・助けてあげたい(´;ω;`)
随分と、ご無沙汰しています・・・ぷりんママです(>_<)



ずっとブログを書いてなかったんだけど・・・



実は、以前(約1年前)からぷりんが血尿をしてて・・・

3ヶ月ごとの定期検診に行っては、変わりなしの症状だったけど、

最近になって出血の量が増えたので、

今更だけど、手術すべきか…このまま様子見するか…葛藤しています。





なぜなら・・・

今年6月で10歳を迎えるぷりん・・・

全身麻酔・開腹手術に耐えれるのか???・・・


先日撮影したレントゲンには結石の影は見られず、

おそらく子宮の病気の疑いが高い・・・との事・・・。


となると、

若い頃に避妊手術をしていないので、

ここで子宮と卵巣の摘出手術になる・・・。




掛かり付けの病院は・・・【アイビー動物クリニック】


先生と最新の設備を信頼して、

ぷりんの忍耐力を信じて、

手術すべきか・・・。










ウチの子もそうだったよ!と、同じ経験をされた方、

お友達がそうだったよ!と、周りで聞いた事がある方、

情報を下さい(>_<)!!!





食欲は、一気食いのスピードは落ちましたが、

ペレット完食・牧草モリモリ・お水もゴキュゴキュ飲んでます。


でも・・・うさぎちゃん達は痛みを隠す・・・
きっと、我慢してるんだろうと・・・










↓写真は、出血が軽い日のチッコです。

●●いっぱい・・・














・・・追記・・・

ぷりんが2歳になる頃、一度は避妊手術を考えたのですが、
セカンドオピニオンで訪れた病院で、
ぷりんチャンは内臓に脂肪が付き易い体質なので、
手術をすると更に脂肪が付き易くなるでしょう…。
と診断を受けた事から避妊手術はしないで生活してきました。

今回、10歳という高齢の為、若い頃より手術のリスクが高くなる事も考え、
決断していこうと思います。

スポンサーサイト
Copyright © 2005 うさぎのぷりん. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。